スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっ展べぇ

なかなか更新が出来ませんでした^^;

今回は2011年7月の1ヶ月間行われた
まちなか活性化プロジェクト「いっ展べぇ」の結果報告です

参加して頂いた店舗・作家 また、さの散歩をして頂いた方々本当にありがとうございました。

今回の企画は私たち企画側としても初めてで、実際に開催して本当に勉強させられた企画となりました


初めて行われたイベントとしては良い結果が出たと思っています

参加頂いた方々の感想

・今までお店に来ていただけなかった新規のお客様が多数ご来店頂けた
・こんなに沢山の作家が地元にいたことを知りませんでした
・今回で辞めずに改善をしながら続けていってほしい
・ポスターチラシが良く出来ていたが部数が少ない
・ポスター・チラシで販売・展示等何をしているか解らなかった
・もっと広報活動をした方が良いのではないか
などなど

もっとたくさんのご意見がありましたがまぁこの辺で。。。ご勘弁を^^;

私としてはポスター・チラシのデザイン・構成を担当させて頂いたのですが
結構な高評価を頂きうれしい!!

ここまでのポスター・チラシを作ったのはホント初めての経験でしたので不安がチョットありました

このポスターには前回のブログにも書いたようにちょっとしたメッセージが隠れていました(^o^)/
解った人はいるのでしょうか?

①作家に作品と店舗の位置がリンクしながら、木になっているイメージから
 「木になる(気になる)」気になってほしいなぁ…
②今回のイベントで作家・店舗ともども
 「実になる(身になる)」参加して頂いた方々の為になったらなぁ…
③実はやがて「種になり、芽がでて"いっ展べぇ"が広がってくれたらいいなぁ」

といったメッセージが隠れていたのです(^^;)
解った人いますか?いたら手を挙げてくださーい(^o^)/
完全にオヤジギャグです

しかし、笑い話ではなく、本当に種がまかれたと思っています。
開催前と開催後では参加者の意識が劇的に変化し、前向きな姿勢になってきました
我々「いっ展べぇスタッフ」が諦めなければ〝失敗″じゃないのです!
活動すること、続けていくことが〝成功″なのです!!
今後とも年2回程度?のペースで佐野市中心市街地の活性化を目指し頑張っていきますので

「いっ展べぇ」をよろしくお願いします

P.S
今回の販売総額・・・・・・・・・・・○0万ほどでした。
その売り上げの10%程度・・・・・・・・・3万円ちょっと東北大震災復興基金としてお送りさせて頂きました

ぁ。。。販売総額ほとんどばれてる?( *´艸`)


佐野市の設計事務所 小林設計所
スポンサーサイト

本日、昨年末頃から話し合い進めてきたまちなか活性化イベント「いっ展べぇ」が開催となりました
7月2日から7月31日まで栃木県佐野市の旧中心市街地で行っています

私は「いっ展べぇ」のロゴデザインやポスター・チラシのデザインを担当させて頂きました。

しかし、イベントのポスターなどやったこともなく、様々なPRポスターなどを見て自分なりの表現で

このポスターには色々な思いを込めて作成しました

例えば、ジグソーパズルにしたのは作家と店舗、市民が手を結び広がって行って欲しい。。。という思いを込めています

キャッチフレーズが「ぶらりあなたとさの散歩」ということと、夏のイメージを連想し木漏れ日の写真

木漏れ日の「木」に作家の作品を貼り付け、その位置は展示位置を示したMAPにLINKさせました

その他にもあるのですが、気付く人はほとんどいないと思います(^◇^;)

1ヶ月間佐野市のまちなかで作家の作品を展示・販売を行っていますので「木になる」という方は是非足を運んで下さい。
展示販売を行っているお店の前には小学生の書いた短冊のついた七夕飾りがありますそちらも見て頂きたい

また、ポスターを見かけたら他にどんな思いがあるのか考えて頂けたらとと思います

佐野市の設計事務所 小林設計所

建築情報…

この度の東北関東大震災で被災された方々に追悼の意を表します。。。。。
また、被災地で頑張る方々が少しでも早く安心できる環境が整う事をお祈りいたします。

この度の地震で各地では合板不足が急速に広がっています。


ですがそれ以上に深刻なのが今までも品薄じょうたいであった断熱材...


地震で工場が被害を受けたメーカーもあるようですが、そんなことよりの今回の計画停電により生産量が極端に減っているようです。

断熱材メーカーの工場ではグラスウールに使用する硝子繊維をつくるための“炉”が停電で止めてしまい、また炉を暖める為に時間がかかるとのことです。

よって現在の生産量は今までの生産量の30%程度とのこと...

しかも産業用断熱材(電化製品等に使うらしい)を作っているようで、住宅、建築関係用の断熱材はほとんど作られていない模様です。

今まではハウスメーカー(大手)は年間契約等があり納品されていましたが、今回はハウスメーカーもストップ!!

一般なんて..............................................

そう思うと建築業界はほぼストップです。

新築の計画をお考えの方々、今回は本当に工期計画が出来ない状況にあります。

そのことをご理解の上、各業者に依頼してください。


栃木県佐野市の設計事務所 一級建築士事務所 小林設計所

解りやすい計画停電のお話

計画停電と聞いてなんで計画的に行わないのだろう…

余計に混乱を招いている気がすると思っていました...
ですがmixiの友達の日記でこれを知り、知らない事で愚痴を言ってはいけないな...と思いました

非常に解りやすく説明していらしたので転記させていただきました^^;

「計画停電」ではなく「予想停電」という意識に…


タク ̄▽ ̄さんのmixi日記より転記

題「「予想停電」という言葉にしませんか?( ̄▽ ̄) 」

まず電気は
(1)貯めておくことが出来ない
(2)発電機は簡単に始動したり停止できない
(3)需要と供給のバランスが崩れると全域が停電する
このことを知ってください。

分かりやすく自転車でたとえます。

多くの方が誤解されていますが、電気というは送電側と受電側でパワーバランスが保たれていなければなりません。坂道でペダルが重いのにこぐ力が弱いと止まってしまいます。(電気の使い過ぎ)逆に子供用の三輪車にお相撲さんが乗ってこいだらチェーンが外れてしまいます。(供給過剰)どっちも自転車は止まりますよね?これを現実世界に置き換えると、なんの通知もなくいきなり全域で停電することを意味します。つまり過負荷でもダメだし、過剰供給でもダメだってことです。

発電というのはそう簡単に電力供給を調整できるものではありません。自転車こいでいる最中に筋力を増やしたり、体重を軽くしたりできますか?無理ですよね?だから個個の体型や筋力に合わせてベストなスピードの範囲内で走る必要があるのです。速過ぎてもブレーキが効かないし、遅過ぎても自転車にまたがるのも難しくなります。今回の地震でいくつかの発電所が停止してます。これは筋力が衰えたことに相当し、つまりコントロールできる幅がせばまっているということなのです。

今回もし需要に関係なく「無計画」に必ず指定時間に指定エリアの停電を実行に移すとします。これは負荷がかからないので鋼鉄製の分厚くて頑丈な自転車からカーボン製の軽い自転車に一瞬で変わっちゃうことに相当します。そうするとスピードが出過ぎてブレーキが効かなくなったり、最悪こぐ力が強過ぎてチェーンが外れてしまうのです。まあ、自転車が乗っている最中にいきなり小さくなること自体あり得ないですがもののたとえだと思って下さい。需要をギリギリで見極めながら「計画」的に停電の行うか行わないかの判断することで急激な変化が起こらないようにしてるのです。気合いとかの問題じゃなく技術的な問題なんです。

全ては刻々と変化するパワーバランスに合わせないといけないんです。「するならする」「しないならしない」と決められるものじゃないんです。むしろ予測される範囲と時間帯を絞って配電を安定させるのは日本でしか出来ない高度な技術なんです。電力会社はいままで無関心な私たちが節電の意識すらする必要がないほど安定して供給を行ってきたのです。

これからの話を。無関心だった皆さん、恥じる必要はありません。これから理解すればいいんです。私だってそうです。だから普段からの節電と予測される停電に対して心構えをしましょう。
電力会社にとっては「計画停電」でも我々にとってはあくまで「予想停電」なんです。我々は停電するしないに関わらず予測される事態に対応出来るようにしておくだけでいいんです。周りの方に「予想停電」なんだってことを、エネルギーがどういうものか理解を広めてくれる、その行動でとやがてみんなの意識が変わるでしょう。説明が難しいなら私の日記を自由にリンクしてもらって結構です。

むしろ電気のない生活を楽しむくらいの度量みせてやりましょうよ( ̄▽ ̄)


・キャンドルが灯る食卓って素敵だと思いませんか?d( ̄  ̄)
・たまには星が輝く夜を眺めてみませんか?d( ̄  ̄)
・暖房がなければパートナーと一緒の布団で温める合いません?d( ̄  ̄)

、、、そういう相手欲しい(笑)

まちおこし企画ぼらんちぃあ

もう1年過ぎてしましました

商工会議所や行政・商店会・自治会などが集まり何とか「まちなか活性化を推進」しようという会…

佐野市まちなか活性化推進協議会という会があり、さらにその中の専門部会であるワークショップの活動に参加させて頂いております。
いろいろな業種の方の「考え方」や「ためになるお話」を毎回お聞きできる事はホントありがたい限りです。

そのワークショップの中で出た(案)で只今進行中なのが

ものづくり佐野市の芸術家・作家さんの作品を街の中(商店)で展示販売をする
というもの
これは日本全国結構やっている事なのですが私も芸術家・作家さんを知る機会・情報が無く知り合ってみて
「こんなに多くの方が佐野市でいろいろなものを造っているのか」とお驚きました

藍染め・陶芸・木工・シルバークラフト・楽器・織物などなど

各自それぞれ個性がありどれも魅力的なものばかりです。
こんなに面白いものが佐野市には埋もれていたのだ…と感じました

是非、佐野市民、全国の方々に知って頂きたい

まずは佐野市民が「知って」「見て」「触って」「楽しんで」街の中を回遊して頂けたら

街が元気になるのでは

そんなみんなの想いが詰まった企画です

今、この企画で、どんな市民の声や問題があるのか実験的に行う準備をしています
私は「広報担当」という事で「企画名」を考え、「ロゴ」「チラシ」「ポスター」などのデザインを行う事になりました。

で先日、企画名・ロゴが決定いたしました

いっ展べぇ

企画名:いってんべぇ

これは佐野市の方言で「行ってみよう」を「行ってんべ」という事から佐野市の方に「親しみと楽しさ」を感じてもらいたいという想いで提案させていただきました。

この企画を継続的に続けてそのうちどこかで「いっ展べぇに行ってんべ」と言っている人がいたら最高です。

一級建築士事務所 小林設計所
プロフィール

小林 隆宏

Author:小林 隆宏
栃木県佐野市で活躍中の設計事務所
小林設計所の小林です。

建築に関するBlogのほかに今後は趣味であるゴルフも書いてみようかと。。。
どんな感じになるのかは、未知数ですので気になる方は読んでみてください。

オフィシャルHP⇒小林設計所WEB
http://www.sctv.jp/~woody/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。